屋根塗装ってどうやるの?失敗しないために知っておきたい基礎知識を紹介

これから屋根をきれいにしたい場合は、屋根塗装を行うと良いかもしれません。
ただこの場合は通常外壁塗装と同時に行うのが基本になります。
何故かと言えば、どちらも足場を設置しなければいけないからです。
別々に行うと2階足場を設置することになるわけです。
1回の設置につき15万円から20万円位のお金がかかることを考えれば、2つ同時にやったほうが無駄がなくなるでしょう。
そのかわり、いちどにたくさんのお金がかかるため、事前に借り入れ等をしておけば失敗せずに済むでしょう。

屋根塗装ってどうやるの?失敗しないために知っておきたい基礎知識を紹介

これから屋根塗装をしようと考えている場合、その基礎知識として知っておきたいのはやはりどれぐらいのお金がかかるかです。
お金に関しては、60万円前後になると言われていますが、一般的に外壁塗装と同時に行うことが多くなります。
なぜわざわざ同時に行うかと言えば、足場の設置を1度だけで済ませることができるからです。
別々に2回行った場合には、足場を2回設置しなければいけないためその分予算がかかる傾向にあるでしょう。
1回あたりの設置費用は20万円弱と言われています。
屋根塗装でその点をよく理解していれば、失敗せずに済むはずです。

屋根塗装に必要な塗料選びのポイント

屋根塗装を行なうことは家を雨漏りから守り塗料によっては断熱効果が上がり、家の光熱費の削減に役立つことも出来ます。
屋根塗装と一口に言っても、塗装に使用される塗料や工法には様々な種類があります。
家が建つ環境や予算に合わせて、希望に合った塗料を上手に選ぶことが重要です。
屋根塗装を行なう際に一般的に良く使用されているのが、ウレタン塗料とシリコン塗料とフッ素塗料と無機塗料です。
安価であることが特徴で耐久年数の目安が5年から7年なのが、ウレタン塗料です。
多くの塗装で主流となっていて低価格と高機能を合わせ持ち、耐久年数の目安が7年から10年なのがシリコン塗料です。
汚れにくく耐久性を優先するならフッ素塗料がおすすめで、耐久年数は15年以上です。
一番長持ちをして強い紫外線から家を守ることが出来るのが無機塗料で、耐久年数はこちらも15年以上です。
後悔しない屋根塗装を行なう為には、家にとって必要な塗料選びをポイントを抑えて理解しておくことが重要です。

屋根塗装の耐用年数は?耐用年数を過ぎるとどうなるの?

新築の家では屋根や外壁も新しく丈夫ですが、家の外側にある外壁や屋根は紫外線や雨風の影響で少しずつ劣化していきます。
屋根の耐久性を高めるための屋根塗装もしていますが、永久にそのままで維持できるわけではありません。
屋根塗装にも耐用年数があり、それを過ぎると塗り直しをすることが一般的です。
耐用年数が過ぎるとどうなるのかも知っておきたいところですが、まず屋根は特に紫外線の影響を受けやすいので色あせなどの劣化が目立ってきます。
さらに汚れもつきやすくなりますし塗装も剥がれてきますので、屋根の劣化も進みやすくなります。
屋根が劣化すると雨漏りのリスクも高まります。
雨漏りを放置していると、家の耐久性にも問題が出てきますし、修繕のための工事費用も高くなってしまいます。
屋根塗装にはそれなりの費用も発生しますが、定期的に行っておくほうが家を良い状態に保てるようになりますし、修繕のための工事費用も抑えられるようになります。

屋根塗装を自分で行う場合のポイントと注意点

近年おうち時間が大幅に増えてDIYで、家のメンテナンスを自力で行なうという人が増えています。
DIYを素人でも行えるようにネットの通販サイトやホームセンターなどで、メンテナンス用品が種類も多く販売されています。
屋根塗装や外壁塗装は劣化したまま放置すると、大掛かりな修繕工事が必要となる場合もある為早期のメンテナンスが必要となる箇所です。
屋根塗装を自分で行なう場合のポイントと注意点をしっかりと理解してから、安全にDIYを進めることをおすすめします。
まず第一に、しっかりと対策を取る必要があるのが安全対策です。
高所での作業となり屋根から万が一落下をしてしまうと、大きな事故に繋がる場合もあります。
落下を防止する安全ベルトの設置や、安全靴やヘルメットを用意しておく必要があります。
高所での作業なので足場を組む必要がある場合には資格が必要となる場合があり、専門業者への依頼が必須です。
塗装に使用する塗料も予算や効果など種類が様々あり、購入する際には知識のある店員にアドバイスを貰うことをおすすめします。
安全にDIYが出来るように環境を整えた上で、決して無理はせず専門業者へ任せることを常に頭に置きながら塗装を進めることが大切です。

屋根塗装はどんな色にする?人気の色や選び方について紹介

屋根塗装をするときは、好きなカラーを選ぶことができます。
屋根は高い部分にあることもあり、外壁ほど目立つことはありませんがやはり向いている色とそうでない色があります。
どんなカラーにするのか、選び方のポイントも知っておきましょう。
まず、屋根は家の中でも特に紫外線の影響を受けやすい部分です。
それゆえ屋根塗装も色あせが目立つ傾向にあります。
鮮やかなカラーは個性的ですが、劣化が目立ちやすい傾向にあります。
その点、グレーや黒系、茶色などの濃い色は劣化や色あせ、汚れが目立ちにくいので定番となっています。
選び方で悩んだときは、定番のカラーから選んでいくこともおすすめです。
さらに、外壁と屋根の色があまりにかけ離れていても、家全体のバランスが悪くなってしまいます。
外壁の色と相性が良いことも大事ですので、そのことも考えて最適なカラーを見つけていきましょう。
周囲の風景と無理なくなじむことも大事ですので、景観についても考えていきたいところです。

屋根塗装に関する情報サイト
屋根塗装の基礎知識

これから屋根をきれいにしたい場合は、屋根塗装を行うと良いかもしれません。ただこの場合は通常外壁塗装と同時に行うのが基本になります。何故かと言えば、どちらも足場を設置しなければいけないからです。別々に行うと2階足場を設置することになるわけです。1回の設置につき15万円から20万円位のお金がかかることを考えれば、2つ同時にやったほうが無駄がなくなるでしょう。そのかわり、いちどにたくさんのお金がかかるため、事前に借り入れ等をしておけば失敗せずに済むでしょう。

Search